hanabi inokuchi

いつまでも「若々しい」人の生活習慣!アンチエイジングの方法とポイント☆

アンチエイジングに欠かせないライフスタイル6選

 

アンチエイジングとは、カラダの老化を抑えて若々しさを保つこと。

ライフスタイル次第で、10歳の差が出るとも言われています。

やはり、日々の積み重ねというものがいかに大切かということですね。

そこで今回は「アンチエイジングに欠かせないライフスタイル6選」をご紹介します。

 

 

1. 「毒素」をきちんと排出する
なんといっても毒素を溜めないカラダつくりは、アンチエイジングに欠かせません。

毒素は、日常生活でも溜まってきてしまいます。
毒素は75%が便で排出されるので、毎日の排便が大切。

まずは、便秘解消を心掛けてください。

 

冷ご飯ダイエットで有名な「レジスタントスターチ」は、デトックスに効果的!
冷めたごはんなどに含まれる消化されにくい難消化性でんぷん「レジスタントスターチ」は、食物繊維と似た働きをし、大腸で毒素や余分な脂肪を付着させ、排出してくれます。
また、善玉菌を増やし、腸内環境を整えるといったメリットもあります。

 

 

2. 「サートフード」を積極的に摂り入れる
「サートフード」と呼ばれる食品に含まれるサーチュイン物質が、遺伝子を活性化させます。

その他にも、脂肪燃焼をサポート・体脂肪の減少・筋肉を作る・脂肪と糖に働きかける・血糖値の調整・記憶力向上・美肌・薄毛・抗酸化などにも期待できます。

サーチュイン活性化物質が多く含まれているサートフード食材は、次のようなものがあります。

緑茶
ケール
オリーブ
オリーブオイル
玉ねぎ
大豆製品
リンゴ
ココア
ウコン など

継続して摂り入れていきたいですね。

 

3. 「AGEs」を溜めない
「AGEs」とは、タンパク質と糖が加熱されると生成されます。

このAGEsは、老化を進行させる物質で、よく耳にする“糖化”とはこの現象です。

この物質が蓄積すると、シミ・しわ・たるみ・白髪・薄毛・メタボ・生活習慣病といった老化現象を引き起こしてしまいます。

焼き物、揚げ物好きな人は、調理法の見直しましょう。

また、抗酸化に優れた食材を積極的に摂り入れるのもよいでしょう。

ニンニク
りんご
しょうが
アーモンド
レタス
バジル
ブロッコリー など

 

4. 何といっても「紫外線対策」!
「紫外線対策は、面倒だからしていない」「長時間浴びているわけじゃないし…」と、紫外線対策を怠っていると、5年後10年後に後悔することになるかも。

季節を問わず、1年中こまめな紫外線対策を行いましょう。

 

5. 「睡眠」の質と量、どちらも大切

1日約6時間以上の睡眠がとれないと、免疫システムの再生がうまくできなくなってしまうそう。

また、質の高い睡眠も、成長ホルモンの分泌に関係してくるので、睡眠環境を整えてあげることが大切です。

生活を見直して、規則正しい睡眠がとれる環境づくりをしましょう。

6. 「血管年齢」が見た目にも比例!?
血年齢とは、血管の老化度合いのことです。

 

■若くて健康的な血管は…

しなやかでサラサラ流れている。
栄養も行き渡りやすく、肌の血色も良い。

 

■老化した血管は…

血管が硬く狭くなり、血流も悪くドロドロしている。
しわやシミが出やすい。

若々しい血管を保つ効果が期待できる食材とは?

 

玉葱
青魚
緑黄色野菜
オリーブオイル など

 

笑顔を絶やさないのが、何よりのアンチエイジング!

マツエクやネイル・hanabiについての質問・お問い合わせはこちら

このサイトを広める